HOME > 口腔外科
顎関節症とは?

顎の筋肉および関節の機能障害に対して使用される言葉です。
症状としては、口の開け閉めの際に音がする、口が開けづらい、外れたような感じ、顎のだるさ、顔から首にかけての痛みの継続までさまざまのものがあります。
顎関節は、顎を頭蓋骨につなぎとめる役割をし、耳のすぐ前の位置にあります。
体の中で唯一片方だけで動かすことができず、噛み合わせ、筋肉の不調によって大きな影響が出やすい関節です。

顎関節症の主な原因

顎関節症の治療

顎関節症の治療のイメージ

明らかな咬合異常の場合は、噛み合わせ、顎関節の位置の調節、矯正が必要となる場合もあります。
たとえば噛み合わせを改善させるために被せ物をしたり、歯の形を整えるための調整もします。

歯ぎしりや食いしばりが原因の場合「マウスピース」「ナイトガード」と呼ばれるものを使用してもらうこともあります。
また痛みが伴う場合は、顎の筋肉を柔軟にさせるために「近赤外線」を使用し、緊張をとることで痛みを緩和させることが可能になります。

それでも痛みがあるときは、薬を処方することが必要な場合もあります。
またストレス社会の影響から顎関節そのものが原因のことよりも背中、肩の凝りから顎関節まわりの筋肉の不調和が原因のことが多く、リラックスを促すことで治ることもあります。
まれなケースですが、外科的処置をしなければいけない場合もあります。

しかし、顎関節症には「これをすれば絶対に治る!」という治療方法はありません。
当院ではいきなり歯を削ったりするのではなく、「近赤外線治療」や「マウスピース」など後戻りできるところから治療を始めていくことをおすすめしています。
是非ご相談ください。

親知らずでお悩みの方へ

親知らずでお悩みの方へのイメージ

親知らずは成人してから生えてくることが多いですが、人によっては生えてこないまま一生を終える方もいます。
親知らずを抜いたほうがよい場合は、虫歯になってしまったときと、まわりの歯ぐきが何度も腫れるようなときです。
また、下の歯は生えてきていないのに、上の歯だけが生えている場合は、親知らずのひとつ手前の歯と噛み合わせのポイントがずれて、ものがはさまりやすくなります。
このようなケースでも抜くことを提案しています。

親知らずを抜く際に当院が気をつけていること

まず、痛くて腫れているときは、麻酔が効きづらいため、ひとまず痛み止めと化膿止めのお薬をお出しして、抜かずにお帰りいただいています。
腫れが引いてから抜歯をしたほうが、患者さんにとってはつらくないといえます。
親知らずの抜歯は、どうしても奥に器具を入れないといけないので、口唇が切れないように注意し、手早くおこなっています。

親知らずに何らかのトラブルを抱えて来院された場合、当日に抜くということはほとんどありません。
抜く必要がなければ極力抜かないようにしていますし、抜く際もご説明をして同意を得てからおこないます。
これは親知らずのみならず、すべての歯にいえることです。

親知らずを抜く際に気をつけていただくこと

抜歯をする際は、血が止まらなくなるのを防ぐため、長時間のお風呂や激しい運動、お酒、強いうがい、辛いものなどの刺激物の摂取は避けてください。
また、ものが詰まりやすいために気になりますが、舌で穴を触ることも避けてください。
血液がサラサラになるお薬を服用されている方は、事前にお申し出ください。