HOME > 小児歯科
お子さまが自ら進んで通っていただける歯科に

お子さまのうちから歯科に定期的に通うことは歯の健康のために不可欠です。
しかし、おとなでも「歯医者=怖い」というイメージを持っている人は多いのではないでしょうか。
当院では、お子さまが嫌がったり怖がったりすることなく、自ら進んで通っていただけるようなクリニックを目指しています。

慣れることからスタートし、自信を持たせます

慣れることからスタートし、自信を持たせますのイメージ

はじめて歯医者に来たとき、もしかしたら診察室に入っただけで泣いてしまうお子さまもいるかもしれません。
お子さまの場合、当院はTSD(Tell Show Do)というアプローチを大切にしています。
・どんなことをするのかをまず話し(tell)
・使う器具を実際に見せ(show)
・どんなことをするのかを試みる(do)

ことで安心してもらいます。

すぐに治療が必要な箇所がなければ、はじめはクリニックに慣れてもらうことからスタートします。
まずは待合室のキッズコーナーで遊んでもらい、椅子に座れるようになること。
椅子に座れたら一つひとつの器具を説明して、風を当てたり、椅子を倒したり、水を出したりして見せるというふうに、お母さまの了解を得ながら段階を踏んで徐々に慣れていただきます。

お子さまの歯を守るのはご家族です

歯科での治療はもちろんですが、お子さまの歯の健康は、お母さまの日常のケア次第と言っても過言ではありません。
日頃の食べ方や歯磨きの習慣をお母さまがしっかりとケアしてあげてください。

子どもの歯は、おとな以上に
虫歯ができやすいことをご存知ですか?

お子さまの虫歯予防にシーラントが効果的です
お子さまの虫歯予防にシーラントが効果的ですのイメージ

シーラントは、奥歯の溝の部分にプラスチックを埋め込んで虫歯にならないようにする方法です。
虫歯が多いお子さまや、どうしても磨き残しが出てしまう、奥歯の溝が深い、奥歯の片方が虫歯になった、といった経験があったら、6歳臼歯と呼ばれる歯と小学6年生から中学1年生ぐらいで生えてくる一番奥の歯は、シーラントをするとよいでしょう。
シーラントは保険治療となります。

お子さまが虫歯になりやすい生活をさせていませんか?

虫歯や歯周病を引き起こしやすい食べ方をしていませんか?

子供

砂糖が入ったお菓子や甘いジュース類だけが虫歯の原因になるのではありません。
だらだらと時間を決めずに食べたりするのは歯にとってよい習慣ではありません。
健康のためにもきちんと時間を決めて食べましょう。
また、意外に気づかないのが、味つけに砂糖を使った煮物や果物にも糖分が入っているということ。
これらも食べたら歯磨きを心がけましょう。

フッ素で虫歯予防
おとなもフッ素で虫歯予防のイメージ

虫歯治療に関する少し前までの考え方は、虫歯が小さいうちに削って治すということ。
しかしその後、適切な予防によって進行を止められる程度の虫歯の場合は、削らないほうが歯が長持ちすることがわかってきました。
つまり、
「早期発見・早期予防」です。

ただし、予防をしても進行が止まらない虫歯の場合は、当然治療が必要です。
また、私たちが見ても治療すべきか予防すべきか、判断が難しいケースもあります。
そのようなとき、
様子を見ながら虫歯が進行しているようであれば治療、進行していなければ予防で経過観察を続けるというのもひとつの方法です。

フッ素で虫歯予防

高齢化や歯周病により歯の根が露出して、根面の虫歯が増加するなどリスクは増え続ける傾向にあります。
フッ素は子どものためと思われがちですが、おとなでも虫歯予防に有効な手段です。
毎日の虫歯の予防に是非フッ素をご利用下さい。
当院でもフッ素塗布は1回500円です。
3カ月に1回の塗布を推奨しています。

小児口腔育成について

当院では、従来の小児歯科・矯正から進んだ、子どもたちのための小児育成を行っています。お子様の成長を促進していくためには食育と口腔育成が重要になっていきます。その事をお母様、お父様にご理解いただき、サポートしていければと考えています。